青汁三昧のゴーヤー

「青汁三昧」には、【ゴーヤー】が三大原料として含まれています。【ゴーヤー】は沖縄ではよく知られている野菜で、最近ではスーパーなどでも扱われるようになりました。「青汁三昧」に用いられている【ゴーヤー】は、苦瓜とも呼ばれるほど苦い味をしています。【ゴーヤー】のこの苦み成分は、血液を浄化し血圧を安定させる効果があると、沖縄では昔から言われていました。ビタミンCやカリウムが多く含まれる健康野菜であることから、「青汁三昧」にぴったり成分なのです。【ゴーヤー】の果皮にはモモルデシンとチャランチンと呼ばれる成分が入っており、それが苦みを感じさせます。血糖値やコレステロールが下がるという効果が、【ゴーヤー】の成分にあることが確認されています。「青汁三昧」の材料の1つである【ゴーヤー】は、その果実や種子の中に、体の中でガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞の活性化に役立つ成分を持っています。このため、ガンの進展を防ぐ効果が期待されています。「青汁三昧」で使用している【ゴーヤー】は中国の安徽省合肥やその他の各地で栽培されています。中国各地でネットワークを結ぶことで、本来夏野菜である【ゴーヤー】を異なった季節においても入手できるように栽培が行われています。そういった工夫をすることで、「青汁三昧」を作るためにいつでも品質の高い【ゴーヤー】を入手できるようになっています。ホスピピュアの口コミ

青汁三昧のケール

さまざまな青汁に使われ基本の材料となっている野菜、【ケール】は、「青汁三昧」にも三大原料の一つとして含まれています。このアブラナ科に属する野菜は、和名では羽衣甘藍(ハゴロモカンラン)と呼ばれることもあり、キャベツの原種とされることもあります。「青汁三昧」の材料の1つである【ケール】は、江戸時代にはじめて日本にやってきたのち、明治時代にいくつかの品種が導入されました。【ケール】という野菜は、日頃あまりなじみがないものであるばかりか、普通に調理してもあまり美味しくありません。このためか、八百屋やスーパーマーケットでは取り扱っていないのが普通です。しかしながら、「青汁三昧」の材料となっている【ケール】には、ビタミンAとCがたくさん含まれています。また、緑黄色野菜の中でも豊富なビタミンを含有しています。つまり、「青汁三昧」を飲めば、通常であれば不足しがちな栄養素を補えると言えます。従って、免疫力を養うのにも高い効果があるとも言えるでしょう。中国雲南省の昆明という地域において、【ケール】は広い畑で栽培され、「青汁三昧」の原料に使用されています。年間を通して温暖である気候、天然の湧き水、ミネラル分を多く含む土壌といった良質の条件は、「青汁三昧」に使われている【ケール】を美味しくしています。この「青汁三昧」のための【ケール】は有機肥料を第一条件に育てており、雑草や害虫などは手作業でひとつひとつ処理されています。浮気調査